Blog仲間の旅行関係の話題


お買物は楽天で

ゴネ得はあるのか?

 毎日何千人もが訪れると、いろいろな人がいます。一番困るのが、クレーマーです。クレームを言うために何かを探しているような気がします。

 クレームの内容ですが、
  1.日本の販売担当者の知識不足で説明が足りない、違っている。
   (部屋のカテゴリや階数指定、グループでの続き部屋確保など)
  2.勝手な妄想と現実のギャップへの怒り
   ビーチに面した最高級ホテルをイメージしてるが、実際に申込んだのはエコノミーパッケージ)
  3.何かを無料で手に入れようとするチンピラ


 1.についてですが、
  実際に日本の窓口で販売している人間のうち、現地に来たことがある人の割合はどれくらいでしょう?況して、ホテルの内容を理解している人は皆無です。そんな人は人材不足の旅行社ではさっさと出世して窓口にはいません。

 ですから、ノルマをこなすためもあるでしょうが、結構適当な受け答えをしています。


 2.についてですが、
  リゾート系のパンフレットや販促ビデオにはエコノミーホテルなど出てきません。特にリゾート系はホテルの快適さが旅行の良し悪しを決める大きな要因なので、どうせ行くなら良いホテルへ泊まりましょう。

 3.についてですが、
  90年代に海外旅行に誰もが出かけていく時代になりましたが、受け入れ側の体制の整備が間に合わなかったので、多少のクレームにはオプショナルツアーを無料にしたりで、回していました。

 そんな方が帰国して、土産話の中に、トラブルの話が出てきます。本当はこちらが申し訳なく思い、謝罪に意味で無料にしたのですが、いつの間にかゴネて手にいれたような話にすり替わっています。

 聞いた人は自分も何かを手に入れようと、ゴネ始めます。

 「このホテルは汚いから、ヒルトンへ移せ!」(お前、いくらで来てんの?)

 旅行社の海外支店で働く人間も、ミスもします。本社の尻拭いもあります。そんな場合は申し訳ない気持ちで、何か出来ないかを考え、もしかしたら、オプショナルツアーを無料で提供するしかないときのあります。

 しかし、あからさまにゴネても反感を買うだけで、決して得はしません。
  
人気blogランキングにはもっとおもしろい話が...
posted by やばいかな? at 07:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行社の裏事情

海外支店勤務は花形?

 大手旅行社で海外支店に勤務していると、日本の友人たちは「あの人は英語ペラペラのエリート」などと錯覚します。

 正直に言いますと、海外支店で働いている人間のうち日本から転勤になった人はせいぜい1割(大体は管理職)で、残りは現地採用です。転勤になる人のタイプも二つありまして、将来の幹部職の為のハク付けの出世街道を歩いている人、下がつかえているので海外に捨てるリストラ予備軍とあります。この人達に共通なのは英語が出来ないことくらいです。まれに帰国子女で英語どころかMBAまで持っている人もいましたが、何が悲しくてこの会社にいるのかと疑っていたら、やはり外資系にスゴイ条件で引き抜かれました。

 私は、日本である大手旅行社に採用されましたが、アメリカの永住権が抽選で当たったので、アメリカへ移住しました。英語は中学生並みなので、日本語で仕事が出来るところと言えば、旅行社の海外支店くらいしかありません。

 旅行社の海外支店も二つのタイプがあって、現地の日本人向けに航空券を扱うアウトバウンド、日本からの旅行者の世話がメインのインバウンドです。

 アウトバウンドは航空会社の端末機(アポロやセーバー)が使えないと経理くらいしかポジションがありません。日本の会社と違い、人を育てる気も能力もありませんので即戦力しか雇ってもらえません。

 一方インバウンドは日本からのお客様への対応なので、信じられない金額の給与や待遇に文句を言わなければ、OKです。

 ですので、花形どころか、大変な職場です。
人気blogランキングにはもっとおもしろい話が...
posted by やばいかな? at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行社の裏事情

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。