Blog仲間の旅行関係の話題


お買物は楽天で

最優秀新人賞

 旅行社の海外支店に勤務していると、狭い業界、狭い日系社会なので、最初はホテルや空港で顔を合わせているのですが、そのうち焼き鳥屋や居酒屋で顔を合わせるようになます。

 又、日系旅行社を渡り歩いているツワモノもいますので、自然と他社の人間と仲良くなったりします。引き抜かれるときに声が掛かったりもします。

 ある日、当社の社員数人で居酒屋で飲んでると、H社の人間が珍しく一人で入ってきました。

 「ひとり?」
 「そう、講師させられて、今解放されたらから。」
 「食事は?」
 「一緒に食べたから...」
 「じゃ、一緒に飲まない?割り勘だけど。」

 と、一緒に飲み始めました。

 「何の講師してたの?」
 「ホテルやロス・アンジェルスの観光の話を、本社で今年の新人賞取ったヤツらに。」
 「へー、で、どうだった?」
 「ダメ、ダメ。みんな、疲れて居眠りしてんだもん。」

 「昼間は各地の支店で講習があるかあら、あいつら夜に移動して、ろくにホテルで寝てないみたい。スケジュール見たけど、きついよ〜、あれ。」

 「でも、新人賞のご褒美でしょ?少しは豪華じゃないの?」
 「ぜ〜んぜん。夜は各支店の支店長がメシ食わさないといけないし、昼間は弁当だし、ホテルもエコノミーばっかし。」

 「本当にそれって新人賞なの?罰ゲームじゃないの?」

 憧れの旅行社に入社した人達、こんな会社ばかりじゃないので、ガンバレ!
人気blogランキングにはもっとおもしろい話が...
posted by やばいかな? at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行社の裏事情

ライオンズクラブ国際大会

 これは、毎年あるそうですが、幸い私が移動になる前か、移動になった後に来て、私は難を逃れていますが、担当支店はみんな悲鳴を上げます。

 もう一度来ると聞いたら、辞める社員もいるかも知れません。

 ですので、今回のお話は私が直接知っているわけではなく、伝聞ですので、架空のお話と言うことにしましょう。

 ライオンズクラブですが、私は日本にいるときから、一体何をしている団体かも知りませんでした。日本のカウンター業務のときも、法人担当とは付き合いがなかったので、そんな悲惨な話も聞いていませんでした。

 今でも、詳しくは知りません。まあ、架空のお話ですから....

 この、ライオンズクラブ、会員は中小企業のオヤジばかりだそうです。

 年に一度、国際大会が開かれます。日本のオヤジ会員も国際大会に出席するのだそうです。このオヤジ達は自分達で航空券の手配をしたり、ホテルの手配が出来るわけではありません。そこで普段から営業に来ている旅行会社の法人担当の出番となります。

 で、大手旅行社数社が談合して、結構な旅行金額を決定します。どこの地区はどのこ会社が請け負うかも決まります。

 法人担当はもらったナワバリを営業して回ります。金額は既に決まっているので営業は楽なのですが、そこの会社の社員旅行を取るためにオヤジの奴隷になります。

 いざ、国際大会に来ても、オヤジ達は英語もわかりませんし、あくまで旅行に来る口実になっているだけです。

 奴隷は法人担当だけでなく、現地支店でもプロジェクトチームが組まれ、貧乏くじを引いたものが現地で奴隷になります。

 オヤジ達は、「日本語の新聞を買って来い!」から始まり「金髪ねーちゃん連れて来い!」と毎日、昼間から酔っ払って、奴隷に言いたい放題です。

 こうして、毎年オヤジ達は世界のどこかの都市の日本の旅行社海外支店に数々の伝説を残していきます。

 これは、架空のお話で、出て来た団体名などは全てフィクションです。

人気blogランキングにはもっとおもしろい話が...
posted by やばいかな? at 16:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行社の裏事情

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。