Blog仲間の旅行関係の話題


お買物は楽天で

荷物はどこへ? 3

 ホノルルの場合は他の都市と違い、お客様は到着時に荷物を預け、お客様と荷物が別々に移動します。

 荷物を専門に運ぶ人間が、受取った際に配送先のホテルのシールを貼り付け、ホテル別に配送していきます。受取ったホテルはスーツケースの名札を見て、部屋へ荷物を運びます。

 しばしば、ここで悲劇が起こります。

 通常、現地係員がホテルチェックイン後、荷物が届いているのを確認してから外出して下さいとお願いしていますが、すべてのお客様がそうして頂けるわけではありません。

 夜の10時や11時に電話が鳴る事も良くあります。

 原因は
  1.配送先のシールの貼り間違い。
  2.友人などのスーツケースを借りてきて、名札が宿泊者名と違う。

 電話を受けると、スーツケースの名札を確認します。違っていれば、ホテルのベルボーイに聞けば、大抵は発見されます。

 1.の場合は大変です。その日に到着されたお客様のホテルに順次電話していきます。これも、大抵は発見できます。

 今までで一番怖かったのが、病気をお持ちのお客様で、薬がスーツケースに入っているが、届いていない。後2時間以内に薬を飲まないと大変なことになると、言われたときです。

 数人で手分けして電話し、見つけたときにはホッとしました。

 教訓
  スーツケース、借りても良いけど、名札は自前。
人気blogランキングにはもっとおもしろい話が...
posted by やばいかな? at 06:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | ウソのような本当の話
この記事へのコメント
こんばんは
大変なお仕事なんですね^^
応援♪
Posted by 無料アフィリエイトで稼げるブログ=tokimama at 2006年06月07日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。