Blog仲間の旅行関係の話題


お買物は楽天で

ライオンズクラブ国際大会

 これは、毎年あるそうですが、幸い私が移動になる前か、移動になった後に来て、私は難を逃れていますが、担当支店はみんな悲鳴を上げます。

 もう一度来ると聞いたら、辞める社員もいるかも知れません。

 ですので、今回のお話は私が直接知っているわけではなく、伝聞ですので、架空のお話と言うことにしましょう。

 ライオンズクラブですが、私は日本にいるときから、一体何をしている団体かも知りませんでした。日本のカウンター業務のときも、法人担当とは付き合いがなかったので、そんな悲惨な話も聞いていませんでした。

 今でも、詳しくは知りません。まあ、架空のお話ですから....

 この、ライオンズクラブ、会員は中小企業のオヤジばかりだそうです。

 年に一度、国際大会が開かれます。日本のオヤジ会員も国際大会に出席するのだそうです。このオヤジ達は自分達で航空券の手配をしたり、ホテルの手配が出来るわけではありません。そこで普段から営業に来ている旅行会社の法人担当の出番となります。

 で、大手旅行社数社が談合して、結構な旅行金額を決定します。どこの地区はどのこ会社が請け負うかも決まります。

 法人担当はもらったナワバリを営業して回ります。金額は既に決まっているので営業は楽なのですが、そこの会社の社員旅行を取るためにオヤジの奴隷になります。

 いざ、国際大会に来ても、オヤジ達は英語もわかりませんし、あくまで旅行に来る口実になっているだけです。

 奴隷は法人担当だけでなく、現地支店でもプロジェクトチームが組まれ、貧乏くじを引いたものが現地で奴隷になります。

 オヤジ達は、「日本語の新聞を買って来い!」から始まり「金髪ねーちゃん連れて来い!」と毎日、昼間から酔っ払って、奴隷に言いたい放題です。

 こうして、毎年オヤジ達は世界のどこかの都市の日本の旅行社海外支店に数々の伝説を残していきます。

 これは、架空のお話で、出て来た団体名などは全てフィクションです。

人気blogランキングにはもっとおもしろい話が...
posted by やばいかな? at 16:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行社の裏事情
この記事へのコメント
こんにちは
毎日面白い記事で楽しんでます
応援♪
Posted by 無料アフィリエイトで稼げるブログ=tokimama at 2006年05月30日 17:26
こんばんは、び〜じょいと申します。

サイトへコメントをいただきありがとうございます。また、リンクも貼りましたのでご連絡です。

遅くなってすみませんでした。
Posted by び〜じょい at 2006年05月31日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18597701

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。